プロフィール
株式会社カウテレビジョン
株式会社カウテレビジョン
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
オーナーへメッセージ
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
タグクラウド

2006年10月30日

世界のCMフェスティバルの震源

2006年10月30日(火)晴れ

COWTVの主力コンテンツ

福岡はここ数日気持ちいい秋晴れの日が続いています。

早起きすると、2年前のCOWTV創設期に7時会議していた頃を思い出します。
片岡、清水、中前、天野、そして高橋の5人でした。懐かしいなぁ・・・。


さて、COWTVの主力コンテンツの更新です。
ある分野でナンバー1の名物社長たちを次々と直撃する社長室インタビュー。
今回はCMファンやイベント仕掛け人達にとって垂涎のVTRです!


お相手はジャンクリスチャン・ブービエ氏(正確にはブーヴィエ氏)
世界のCMフェスティバル主催者ブービエさん

彼は、世界のCMフェスティバルというイベントを福岡で誕生させ、
わずか7年間で全国17ヶ所で開催するにまで成長させたフランス人。
東京、大阪はもちろん、今や北海道から沖縄まで広がったイベントの主です。


大イベントを生んだ小さなブランド

このCMフェスティバル、どんな大会社がやっているのかと思いきや、
なんとブービエさんは個人事業。奥さんとアシスタントの2人なんです。
福岡市早良区の小さな民家で“CMフェスタの大ブランド”は築かれていたのです。

今回のインタビュー会場はそのブービエさんの要塞のような編集室。
ここで企画書を書きCMを編集して全国のファンを楽しませているのです。


こんな小さな個人がなぜ何万人を動員する巨大イベントを主催できたのか?

そのカギが今回のインタビューから透けて見えるような気が僕はします。
VTR3「エンターテイナーの心得」の中にある一言が胸を打ちました。

「お客さんが並んだ時点から祭りは始まってるんだよ」

ブービエさんのイベントへの情熱と哲学をぜひ感じてください!

ダイジェスト(サンプル)VTRをどうぞ
 ↓






世界のCMフェスティバル・ブービエさん(社長室No.042)インタビューはコチラ

面白そう!って人はワンクリック!(BLOGランクチェック)

□今日のモチマネワード
モチマネワード439:世界のCMフェスティバルの震源  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 23:00社長室101

2006年10月28日

弁護士急増の裏側で

2006年10月28日(土)晴れ


弁護士受難の時代

最近、弁護士さんと仕事をする機会が増えてきた。

現在、福岡県弁護士会には約600人の弁護士が登録しているそうだが、
弁護士増員政策によりこれから毎年30〜40人ずつ増えていく見通しだという。
つまり単純計算すると10年で約1.5倍になるというのだ。
弁護士事務所の淘汰、弁護士の二極化が進むのは確実とみられる。

現に、イソ弁の報酬は下がる一方のようだし、弁護士受難の時代が近づきつつある。
その状況の中で対策の必要性を感じている弁護士も増えてきているようだ。


弁護士とミーティング

11時。堀内恭彦弁護士とMTG。

ご存知の方もいらっしゃると思うが、
COWTVでこの半年間堀内さんと一緒に番組を作り続けてきた。

その番組は「ホリ弁のワンカメ法律相談」というタイトルで、その内容は、
学生が日常生活の中で陥りそうな問題、例えば、家賃の問題とか、ストーカー、
アルバイト、交通事故などについて、堀内さんが解決法や未然防止策を
法律を噛み砕きながらアドバイスしてくれるというもの。

ホリ弁のワンカメ法律相談はコチラ(オンエア中)
ちょっと一休みでBLOGランクチェック

劇的な変化

半年間で12本の特集を組んだわけだが、堀内さんいわく、この番組配信が
始まって以来、堀内事務所の新規顧客獲得に劇的な変化が現れているという。
なんとネット経由の法律相談の問い合わせが4倍にも増加したというのだ。
正直言ってこれほどクリティカルヒットするとは驚いた。

早速その「ブレイク」の理由を分析してみた。
士業の営業戦略全般に当てはまるポイントが見つかるかもしれない。


信用度アップ

堀内さんの人気、その最大の要因は“安心感”にあるようだ。

というのも、番組では堀内さんが学生の相談に気さくに答えてくれている。
そうした堀内さんの姿が動画で流れることによてキャラが見え易くなり、
ネット上の相談希望者に対する安心感に結びついているということのようだ。
実際、「動画で見るより若いですね」とか言われることが増えたらしい。

実際、電話で話したり写真で見るのと直接会って話すのとでは全然違いますもん。
「高飛車」「説教っぽい」「料金も激高」という弁護士のイメージが変わるのかもしれない。


弁護士とホームページ

弁護士受難の時代の中、弁護士の中にもホームページでの営業を進める人が
チラホラ出始めたばかり。“動画を使ったホームページ”は士業のブランド作りの
格好の切り札になりそうだ。今後さらに研究と実践を重ねていきます。


堀内事務所ホームページもご覧下さい。(もちろん動画アリ!)

応援のクリックありがとうございます!


□今日のモチマネワード
モチマネワード438:弁護士急増の裏側で  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 20:25恩人・仲間たち

2006年10月24日

年賀状を101倍楽しむテレビ

2006年10月24日(火)曇り


年賀状の不満を解消

皆さん、年賀状にどんなイメージを持っていますか?

「とりあえずお付き合いで・・・」

「もらうのはいいけど書くのが面倒で・・・」

「年賀状って形式だけよね・・・」

そんな方も多いのではないでしょうか。
そこで!そんな不満を解消すべく今年もやります!

ビジネスに役立つ楽しい年賀状!

それが↓コレ!


(撮影編集:安永 企画構成:高橋)

詳しくは「お年賀テレビ」のホームページで!


スピンアウトの恒例サービス「お年賀テレビ」は、
せっかく出す年賀状を集客や顧客維持に役立てるサービスです!

楽しそう!という人はクリック


□今日のモチマネワード
モチマネワード437:年賀状を101倍楽しむテレビ  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 10:49いろいろ企んでます

2006年10月20日

経営の強化合宿

2006年10月20日(金)

経営の強化合宿

「強化合宿」という言葉が好きです。

そこにある“厳しさ”や“非現実感”がなんともワクワクさせてくれ、
それでいて永遠に続く訳でない“テンポラリー感”がたまりません。

というわけで、僕もやってきました。2泊3日の強化合宿!!

   場所・・・意表を突いて東京
   期間・・・2006年10月16日〜18日
   課題・・・スピンアウトの5ヵ年計画


今回の合宿は、
「小さな会社のブランド作り」で有名な東京のコンサル企業スターブランド社
村尾隆介CBO(チーフブランディングオフィサー)のマンツーマン指導の下で行われた。

一休みのBLOGランキング


どんな合宿?

ブランディングについて指導→書く→指導→書く→・・・の繰り返し。
菓子メーカーYOKU MOKU本社カフェ、ペンメーカーパイロット本社のカフェ、
表参道エチカ(駅地下商業施設)など、東京都内のあちらこちらに移動しながら
指導(ミーティング)と書き出し(ライティング)を重ねていった。

・自社の目指すイメージをひたすら書き出す
 →社長、社員、顧客、組織・・・それぞれの理想像を言語化していく

・「やること」と「やらないこと」をハッキリさせる
 →目標を定め、そこに到達するための行動以外全てを排除していく

・ワーディング〜会社のビジョン策定〜クレドへ
 →クレドは固いものでなくてよく「心」で理解する行動指針と捉える


結果は?

正直に告白します。
これまで自社の目指す姿が、いかに曖昧だったかを思い知りました。

一口に“会社”といってもいろんな要素から成っている。
社長像、社員像、顧客像、組織像・・・それら一つ一つを言語化する中で、
パズルが組み合わさるように目の前がパーっと晴れていく心地よさだった。


合宿を終えて

「会社はどうあるべきか?」は、全ての会社にとって永遠のテーマだろう。
あらゆる社長が日々このテーマを考え続けているだろうが、今回感じたのは、
普段は日常業務を遂行し「ながら」それらを考えていることだった。

しかし、この深遠なるテーマは片手間で考えてどうこうなるような代物ではないのかもしれない。
そのための専門の時間を取って、じっくりあらゆる角度から考えることが大切なのだと、痛感した。

しかも、楽しい!

悩める経営者の皆さん!「経営の強化合宿」はおススメです!!

ヘ〜!と思ったらワンクリック!BLOGランキング


□今日のモチマネワード
モチマネワード436:経営の強化合宿  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 18:19講演(勉強会)を聴きました

2006年10月16日

ダスキンの総本山

2006年10月13日(金)晴れ


ダスキンの総本山に学べ

6時起床。7時、金曜日の早朝勉強会ステップアップ20に出席。
この勉強会はビジネスビデオDo It!を鑑賞しながら先達の足跡からビジネス成功の
秘訣を学び取ろうというもの。今回のターゲットは2000年の日本経営品質賞を
受賞した株式会社武蔵野の小山社長。あの“ダスキン”の総本山だ。

小山社長の超強力な原理主義とリーダーシップによって会社が統率されているため
“アクが強すぎる”という向きもあるが、他方で本質的な部分もよく言語化され、
大変分かりやすく、参考に出来る部分も多くあった。

気づきを恒例の記者メモアウトプット。

☆「情報は個人のものでなく会社のものとして扱う」
  →情報は全てサーバーで一元管理、社員も役員も専用机やPCは持たない

☆現在38期目。創業者の元住宅の不動産を本社オフィスとして今も使う
  →IT化には注力してもオフィスなど不動産にはお金をかけない

☆IT化で60人いた事務員を22人にまで削減した(リストラせずに)
  →事務員が退職するたびに人でやっていた業務をIT化していった

☆経理情報を全てオープンにする
  →社員のコスト意識、経営への参加感を高まった

☆ボイスメールシステム(声のメーリングリスト)で情報共有
  →新鮮な情報を一度の録音で大勢の人に伝えられる
  →コールセンターのおばさんでも使いこなせる(社長自ら教える)

☆効率化ばかりに囚われないようにお客様とのコミュニケーションを心がける
  →お客とのFace To Face接点には無駄がある方がいい、むしろ効率化しない
  ・・・内部時間、移動時間は効率化しても、お客時間は効率化するな

☆「クレーム発生の原因は全て社長にある」と定義した
  →クレームを社員に隠させない秘訣
  ・・・クレームは「誰が」よりも「起きたこと」を重視すべし

☆鉄砲を売らず弾を売るビジネス
  →チェーン店の店舗を一軒ずつ訪問し電球の種類と店の一覧を作った
  ・・・お客にとって使いやすいオーダーメイドの発注表

☆社員を何とかしようとしてもムダ
  →経営理念、方針を文字にして価値観を共有する場(朝礼、勉強会、プレゼン会)作り
  →社員自ら会社に合わせるスタイルを作る

☆アナログでしかできないこと・・・教育や価値観の共有

一休みのBLOGランクチェキ!

☆飲み歩き会
  →社長が社員4人と酒をハシゴする。参加費5000円だがそれ以上は社長の奢り。
  ・・・社員の意見を聞いたり、適正を見極める場として有効

☆レベルが自分より上のものと接する機会を作り出せ、そして自分を変えよ
  →リクルートの社訓に非常によく通じるものがあります(ほぼ同じ?)

☆清掃の意味
  →イヤなことをキチンとさせるのは人心掌握の一手段

☆お客からお礼状やハガキ(苦情も)を社内に貼り出す
  →お客様の声を社内表彰の評価基準にすれば社員がお客様の方を向く

☆とにかく捨てる
  →IT化のためには、文書はとことん捨てる

☆日報は部下の行動管理でなく、上司のコメントによってやる気をUPさせるツールに


はい、今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございます。

スピンアウト株式会社
代表取締役 高橋康徳

BLOGランキング


参考:(株)武蔵野 小山社長の本
仕事ができる人の心得


□今日のモチマネワード
モチマネワード435:ダスキン総本山に学ぶ  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 12:52講演(勉強会)を聴きました

2006年10月13日

仕事を楽しむプロフェッショナル

2006年10月12日(木)晴れ

ハム日本一!

「期待しないで下さい、みんなで楽しむことが一番です」
(↑SHINJOの言葉↓解説は本文中にて)


日本ハム、パリーグ制覇おめでとう!
SHINJO、ダルビッシュ、ヒルマン監督・・・皆さんおめでとう!

クリック!(BLOGランキング)
 ↑なんと!“世界一周バカ社長”栢野さんのすぐ下に!これも運命?


2006年のパリーグは25年ぶり?に日本ハムが優勝しました。
我らがホークスは残念な結果でしたが、終わって振り返ると今シーズンは
日本ハムがチーム・モチベーションなど多くの面で一枚上だったような気がします。


強さの秘訣

強さの理由は投手力の強化、若手の台頭などいろいろ挙げられるようですが、
僕が“プロフェッショナルとしての強さの秘訣”を感じたのが冒頭のひと言。

これはSHINJO選手がリーグ制覇のビールかけの時にインタビュアーからの
「日本シリーズも期待してます」の問いに間髪入れず答えた言葉です。


「期待しないで下さい、みんなで楽しむことが一番です」


この一言に今年の日本ハムの強さやSHINJOのスゴさの本質を見た気がします。
今の僕にとって、心に突き刺さる名言です。


楽しむパワー

「楽しむ」ということ。そこには偉大なパワーが秘められている。

それは野球に限らずどんな仕事やプロジェクトでも同じことが言えると僕は思う。
ある意味、“予想を超える成果を出す法則”と言えるかもしれない。

というのも、“予想を超える成果”というのは、ただ単に一生懸命やっているだけでは
なかなか現れないものだとと思う。一生懸命さの土台に加え、チームや個人がその仕事を
心底楽しめた時に初めて予想を超えるグレイト!な成果が出るのだと思うのだ。

僕のイメージではこうだ。

「一生懸命」とか「頑張る」とか「努力する」の限界値を100だとして、そこに「楽しむ」
要素が加わった時に初めて110とか120とか10000など予想外の成果が現れるのだと思う。

書道家の武田双雲、ブランドマスター村尾隆介、中国ビジネスの堀明則・・・
僕の知る各界のプロフェッショナルは皆それぞれ自分の土俵をとことん楽しみながら
偉大な結果を残している。(もちろん努力もスゴイのだろうが)

努力し続ける+楽しみ続ける=予想を超える成果

こんな公式があっても良さそうだ。


「仕事を楽しんでこそプロ」

と胸を張って言える自分であるよう、明日も一生懸命楽しみます。

BLOGランキングもありがとうございます


追伸:
SHINJOってエンターテイナーですごく共感持てる人物なんだけど、
彼の名前表記に「KONISHIKI」と同じ響きを感じてやや興ざめなのは僕だけ?
大リーグ帰りってのは分かるんだけど、なんかこう、もっとなぁ・・・。

□今日のモチマネワード
モチマネワード434:仕事を楽しむプロフェッショナル  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 01:06ビジネスの秘訣

2006年10月10日

プロフェッショナルの名言集

クリック!(BLOGランキング)


10月10日(火)晴れ


6時起床。7時の共創マーケティング研究会に出席。
今回の参加者は7人。肌寒くて早起きが辛くなってきたか。

今回のお題はNHK「プロフェッショナル〜仕事の流儀」より逆境特集。
プロフェッショナルたちの逆境克服方を司会の脳科学者茂木健一郎氏が
科学的な見地から紐解くというちょっと興味のあるテーマだった。

脳は逆境におかれると欠点さえも長所に変えて何とか乗り越えようとする
そうだ。面白い!(茂木さんの言葉より)

それではいつもの通り、記者メモ形式のアウトプットでGO!

☆秋山咲江?社長のどん底流儀・・・「本当の自分をさらけ出す」
  →さらけ出すと、脳の共感回路が活性化される
  →共感回路は痛みや苦しみに対して働きやすい

☆追い詰められたら 離れた所から自分を眺めてみる
  →その場から一時的に逃げるのもまたよし

好きになれば身につく
  →竹岡広信・・・漫画「ドラゴン桜」のモデルの英語講師の言葉
  

☆問題解決のきっかけは外から来ることが多い
  →脳は外部とやり取りする中で活性化する

1年2年じゃ花も咲かないし芽も出ない。でも10年待てば必ず実がつく
  (宇都宮健二弁護士の父の言葉)

☆「You know Everything!」お前は全て知っている。だから自信を持て
  (佐野俊二(カリスマ小児外科医)の師・ロジャーミーの言葉)

☆「徳は弧ならず必ず隣あり」
 一つのことを突き詰めていくのは孤独のようだが必ず賛同者が現れる。
  (挟土秀平・・・土のソムリエ、さかん土)

☆努力は必ず報われる ただし途中に谷がある その谷を乗り越えなければならない

☆直感を信じる→脳科学の最前線で注目されている
  →直感は脳が経験や思いなどを総合的に判断して出す答えである
  →スーパーコンピューターにも勝る

☆マイナス感情をやり過ごす
  →悪いスパイラルにとらわれないコツ

以上

いやぁ〜今日も朝からいい話を聞かせてもらって背筋が伸びる思いです!

朝っぱら他人の人生と自分の人生を重ねて、ジーンとしたり、奮い立ったり、
よし!と心を決めたり・・・そんなことって割とステキなことだと感じる。

さぁ、これからクライアント訪問だ!

BLOGランキングもありがとうございます


□今日のモチマネワード
モチマネワード433:プロフェッショナルの名言集  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 13:06講演(勉強会)を聴きました

2006年10月06日

MKタクシーに学ぶ

テコンドー編集マン安永のナイス記事を紹介
 ⇒「やおいかんぜ」

最近制作したモノ
 ⇒朝カフェで賑わう天神(撮影:高橋、編集:田中)
  ↑
「こんなの初耳!」という人はクリック!(BLOGランキング)


10月6日(金)雨のち曇り


勉強会マニアと呼ばれ

朝7時。博多区の福岡商工会議所へ。
早朝勉強会「ステップアップ20」に初参加させてもらった。

ビジネスビデオDoIt!から先達の学びを得ようという勉強会だ。
今回の題材ビデオは京都のMKタクシーと創業者青木社長のストーリー。

気付き列挙(記者メモ形式)

☆MKタクシーには「お礼集」「苦言集」というものがある
 ⇒導入するにはどうするか?ブログ?Wiki?興味あり

☆「サービスは無限」(青木社長)

☆「日本人は他人をタダでは使わない」
 お客様に「荷物を持って」と言われたら→持とう
 お客様に「家まで取りに来て」と言われたら→取りに伺おう
 お客様に「荷造りして」と言われたら→荷造りだってやろう
 ⇒サービスレベルをお客様に合わせてどんどん向上させる

☆売上げの8割が「無線」・・・信頼の証
  ↓
 さらに対応を広げるため「MK専用の乗り場」を設置
  ↓
 次は「流し」のタクシーをやめたい
  ↓
 将来はタクシーのフランチャイズ化を行いたい

☆お客に選ばれることが社員教育につながっていく

☆タクシー運賃の中には「あいさつ」も含まれている
 ⇒なるほど!!!

☆社員の意識を変えるには10年〜40年かかる
 ⇒だから社員教育が最重要課題

☆タクシー経験者を採用しない

☆大きな声を出すことで、我が身に染み付ける
 ⇒大きな声を出せる場づくりも重要ですね

☆教育を受けるのは社内で40%、お客様からが60%
 ⇒会社にこもる時間が長くなっていないか?

☆競争に勝つには他社よりも少し質を上げればよいが
  ↓
 だんだんお客様の要望が上がってくる
  ↓
 お客様の要望を叶え続けることで、より選ばれるサービスになる

☆「○○だろう」ではなく「○○かもしれない」の想像力(スタンス)で仕事をする 
 ⇒甘い予測よりも、厳しい予測を

一休みのブログランキングチェック


いろんな勉強会がありますが

ところで、このステップアップ20という勉強会に参加してみて、
勉強会の運営について「仕組み」が重要であることを知った。

世間には数多くの勉強会が存在するが、僕が知る限りそのほとんどは、
「講演+質疑」とか「ビデオを見て語り合う」というスタイルが多い。
ステップアップ20ではそこに“些細な工夫”を加えることで効果を上げている。

まず、参加者には以下のお題が書かれた「A4の紙」が配られる。

1.気づいたこと 2.ベストアイディア 3.自社にどう活かす?

このたった一枚の紙がコロンブスの卵の効果をもたらすのだ。

というのも、参加者はお題を目の前に突きつけられることで、
「発表のためにメモしなきゃ」という意識が働く。その結果として
「より真剣に」かつ「明確な課題を持って」ビデオを見てしまうのだ。

そうなれば寝る人もいない。書いて発表するから意見がブレない。
勉強会が盛り上がらないわけないのだ。主催者は仕組みを用意しただけ。
何かすごい講演をうったわけでも、特別なビデオを見せたわけでもなく。

その仕組みがすごいなぁと感じたのだ。

「一定のルールに従って参加者が語ったり発表することで場が盛り上がる」

これはIT的に言うとmixiなどで話題のCGM(Consumer Generated Media)的な考え方だ。

朝から面白い勉強をさせてもらいました。

BLOGランキングもありがとうございます


その後、商工会議所ビルに入っているITシステム企業ネクストベリーに
立ち寄って清水CEO、中前COOと雑談。近況とビジネスの情報交換でした。

※写真は清水さんに差し入れた「りんご黒酢ダイエット」

□今日のモチマネワード
モチマネワード432:MKタクシーに学ぶ  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 13:29講演(勉強会)を聴きました

2006年10月03日

「○○で検索して」の威力

2006年10月03日(火)

検索連動型CM

今日のヤフーニュースに興味深い記事が掲載された。

CM視聴者の3割が実際に検索、最近流行の「○○で検索してください」

LIFECARD「続きはWEBで」や富士通「地底人、ウサタク」など、最近、
テレビCMからWEBに誘引してじっくり訴求するCM手法が目立ってきたが、
そのCMを見て実際に検索した人が30.97%に上ったという内容だった。

いつまでアップされているか分かりませんが、一応yahoo!newsリンク貼ります

今回のニュースによって我々の取り組んでいる「WEB誘引型広告」の威力が
数字で裏づけられた形となった。嬉しいことだ。

私たちの基本的な考え方は、

「露出の得意なテレビと、訴求の得意なネットを上手く使い分けよう」

というものだが、上記のCM群はまさにこの法則を活用したものだ。

その手法とは・・・

まずTVで興味をそそるキャラやタレントを使って短時間に露出し、ネットに誘引する。
そして自社ホームページ上でじっくり詳しく動画を使って説明するというもの。

この手法によるメリットは

1.テレビCMの役割を「露出」と割り切ることができる
  →これまでは多くの場合「訴求力」もテレビCMに求められていた

2.ネットは視聴者が好きな時に何回でもコンテンツを見れる
  →いったん露出すればネット上でじっくり訴求することができる
  (CM放送料を支払うことなく顧客と接触可能)

3.制作したHP上の番組は他社製品との比較にも使われる
  →製品ホームページの比較から購買を決める人が急増している現状

などである。

地底人のCMは3週間で170万件のアクセスをはじき出したそうだ。
すごいですね。そしてWEBを見た何%かがFMVを買ったのは間違いない。

露出はテレビ(雑誌、ラジオ・・・)で。訴求はネットで。
そうした「モチはモチ屋」的なプロモーション戦略のことを、
我々は「広告予算の最適化」という形で提唱している。→成功事例

広告は、露出量を競う時代から、効果そのものを競う時代になりつつある。

BLOGランキングもありがとうございます

□今日のモチマネワード
モチマネワード431:「○○で検索」の威力

↓最近読みたい本
バレンタインの勝ち語録―自分の殻を破るメッセージ80


トヨタの口ぐせ
  

Posted by 株式会社カウテレビジョン at 14:37ビジネスの秘訣